代表取締役 高屋 博文
株式会社ウィンゲート

株式会社ウィンゲート
京都府南丹市園部町佐切西垣内7番地
電話番号 0771-62-1417
FAX番号 0771-63-0751

新着情報

「ウレタン遮熱工法」の設計・施工マニュアルを改訂しました!

2017/11/24 

平素は、「ウレタン遮熱工法」をご愛顧頂き、誠にありがとうございます。

このたび、「ウレタン遮熱工法」の設計・施工マニュアルを改訂しました。
「2017−2018 設計・施工マニュアル」として、木造軸組工法と枠組壁工法、ともに改訂しています。

ウレタン遮熱工法をご利用頂いております工務店様、設計事務所様は元より、本工法をご検討頂いている工務店様で、設計・施工マニュアルがご入用の方は、弊社HPの資料請求ページ、又は、お電話かFAXにてご請求頂きましたら、カタログと合わせて、郵送させて頂きます。

ぜひ、「2017−2018 設計・施工マニュアル」をご利用下さいますよう、よろしくお願いいたします。

第39回「ジャパンホームショー2017」に出展します!

2017/10/31 

東京有明のビックサイトで毎年開催される「ジャパンホームショー」に、今年も出展させて頂きます。
今年の会期は、2017年11月15日(水)〜17日(金)の3日間となります。

皆様におかれましては、2020年省エネ基準の義務化や、もうすでに始まっているBELS(建築物省エネルギー性能表示制度)、そしてゼロエネルギー住宅等、対策はもうお済みでしょうか?
弊社の特許工法・ウレタン遮熱工法は、それらの各制度にすべて対応できるのはもちろんのこと、これからの住宅建築には絶対に欠かすことの出来ない省エネ性能「遮熱+断熱+気密」のすべてにおいて、お施主さまに満足して頂き、かつ、簡単で安心して施工して頂ける画期的な特許工法です。
また、今後、ますます急速に変化しつつある省エネ住宅のニーズと多様化、そして、他社との差別化に向けての対応策なども合わせてご相談頂ければと思っています。

今年のジャパンホームショーにご来場頂いた折には、ぜひ弊社ブースまでお立ち寄り下さいますよう、お待ち申し上げております。

第47回「名古屋・建築総合展」に出展します!

2017/09/11 

このたび、名古屋市千種区の吹上ホールにて開催される「建築総合展・NAGOYA・2017」に、出展させて頂くことになりました。
今年の会期は、2017年10月12日(木)〜10月14日(土)の3日間となります。

2020年省エネ基準義務化まで、あと2年半となりました。
皆様、対策はもうお済みでしょうか?

2020年省エネ基準の義務化はもちろんのこと、BELSやゼロエネルギー住宅にも安心して取り入れて頂ける「ウレタン遮熱工法」は、遮熱・断熱・結露対策すべてに対応でき、高性能省エネ住宅として建てて頂くことが出来ます。
そういったお話を、資料を元にわかりやすく説明させて頂きますので、「名古屋・建築総合展」にお越しの際は、ぜひ弊社ブースまでお立ち寄り下さいますよう、お待ちしております。

ウレタン遮熱工法のカタログ「見開きA3版」がご利用頂けます!

2017/08/08 

ウレタン遮熱工法のカタログ「見開きA3版(2つ折)」を新しく作成しました。
このカタログは、弊社ホームページの左側のボタンよりダウンロードして頂くことが出来ます。
少し厚みのあるA3用紙に両面印刷し、2つ折にして頂きますと、見開きタイプのカタログになります。
一般の顧客向けに、ウレタン遮熱工法をわかりやすく、また、見やすくまとめたカタログです。
ぜひ、ご利用下さいますよう、よろしくお願いいたします。

木造住宅の省エネ基準適合のための講習会を開催しました!

2017/03/17 

平成29年3月15日、京都会場にて、『2020年・省エネ基準義務化』に向けた、断熱等性能等級4、一次エネルギー消費量等級4・5、及び、ゼロエネルギー住宅についての省エネ計算方法の解説、また、等級4の住宅とゼロエネ住宅の2通りの適合建物を、計算例を用いて解説した講習会を開催させて頂きました。

今回ご参加頂きました工務店様におかれましては、ほぼ丸一日を費やした講習会となりましたが、皆さま最後までご視聴頂き、大変お疲れさまでした。
また、全国各地より、予想を上回る工務店の方々にご参加頂きましたこと、大変うれしく思っております。

ご参加頂きました方々から、「今回の講習内容は難しかった」あるいは「勉強になった」「もう少しわかりやすく」等々、多くのご意見やご感想を頂いたことにつきましては、次回への参考とさせて頂きます。

最後になりますが、この『2020年・省エネ基準義務化』に向けての勉強会は、今後もまた、少し形を変えて開催させて頂こうと考えております。
その折もぜひ、ご参加下さいますよう、よろしくお願いいたします。

ゼロエネルギー住宅「ZEH」の要点をまとめた参考資料を作成しました!

2016/12/18 

今年に入り、「ウレタン遮熱工法」をご利用頂いている工務店様より、「ゼロエネ住宅の仕様にしたい」というお話を伺うことが増えました。
現在、中小工務店で、すでにゼロエネ住宅を建設されている工務店様はまだまだ少なく、1割程度あるかどうか?といったところではないかと感じています。
しかし、この1〜2年で、“ゼロエネ住宅の建設は、急速に伸びる傾向である”との情報が、業界新聞等でも掲載されるようになりました。

そこで、「省エネ等級4」の住宅にもまだ取り組んでおられない工務店様で、「ゼロエネ住宅」については、ほとんど勉強もされていないという工務店様、また、お客様に「ゼロエネ住宅とはどのようなものか」を説明しなければならない方や、住宅営業をされている方々の“営業ツール”などとして少しでもご利用頂ければと、このたび資料を作成いたしました。
資料は、表紙を含め6ページにまとめており、用紙のサイズはA4・A3のどちらでも使用して頂けるようになっています。

こちらの資料をご入用の方は、弊社HP内の資料請求ページ、または、お電話にてお問い合わせ頂ければ、すぐにお送りいたしますので、ぜひご利用下さいますよう、よろしくお願いいたします。
資料は、「PDFデータ」及び「印刷物」のどちらでもご用意できます。

「ウレタン遮熱工法」の新しい資料が、(社)日本住環境向上推進協議会のHPよりダウンロードできます!

2016/10/24 

(社)日本住環境向上推進協議会のHPから、資料ダウンロードボタンをクリックして頂くと、新しく作成したウレタン遮熱工法の資料がダウンロードできます。
ウレタン遮熱工法の在来工法、及び、枠組壁工法に関する「設計施工マニュアル2017」も、新しく改訂しています。
ウレタン遮熱工法をご利用頂いている工務店様はもとより、ご検討中の方々におかれましても、ぜひこれらの資料をご利用下さいますよう、よろしくお願い致します。

(ダウンロードして頂くには、(社)日本住環境向上推進協議会の会員ID及びパスワードが必要です)

第38回「ジャパンホームショー・2016」に出展いたします

2016/09/20 

東京・有明・ビックサイトで開催されます「ジャパンホームショー・2016」に、今年も出展させていただきます。
今年の会期は、2016年10月26日(水)〜28日(金)の3日間となります。

近年は、2020年に向けたH25年省エネルギー基準の義務化、及び、ネット・ゼロ・エネルギーハウス(ZEH)が、新築住宅の標準へと近々移行していくことが予測される時代となりました。
急速に変わりつつある省エネ住宅に対するニーズと多様化、また今後の省エネ住宅への取り組みについての対応策など、ぜひ(株)ウィンゲートのブースにお越しいただき、ご相談いただければと思います。

皆様のお越しを、心よりお待ちしております。

ウレタン遮熱工法の「お施主様向け カタログ」を作成しました!

2016/09/01 

ウレタン遮熱工法の「お施主様向け カタログ」として、簡易版カタログを作成いたしましたので、弊社HP(トップページ左側)からダウンロードによりご利用頂けます。
ウレタン遮熱工法をお施主様にご提案される工務店様、設計事務所様はもとより、新築住宅をお考え中の個人のお客様で、省エネ住宅や断熱にご興味を持たれている方にも、ぜひこのカタログをダウンロードして頂き、ご検討頂ければ幸いです。

防腐防蟻剤「エコボロン・エース」が、今年9月で生産終了となります。翌10月からは「エコボロン・PRO」のご活用をお願いします。

2016/06/10 

左記、ご案内の通り、近年は住宅の品質が厳しく問われる時代に入りました。
そのような中で、弊社が代理店を務める(株)エコパウダー社の防腐防蟻剤「エコボロン・エース」につきましても、住宅の防腐防蟻処理の信頼性をより向上させるため、この度「エコボロン・PRO」に切り替えさせて頂くことになりました。
「エコボロン・PRO」は、責任施工制度であり、「エコボロン・PRO」を施工すれば、5年または10年の保証が受けられ、「長期優良住宅」にも対応が可能です。
また、お施主様からの信頼度も向上しますので、ぜひ「エコボロン・PRO」をご活用下さいますよう、お願いいたします。

尚、「エコボロン・PRO」をご使用される場合には、(株)エコパウダー社の「認定施工士」のご登録が必要となります。
この「認定施工士」につきましての資料およびお問い合せは、「エコボロン・PRO」代理店の(株)ウィンゲートまでご連絡下さいますよう、お願いいたします。

両面アルミ熱線反射シート「R-1」の専用カタログを作成しました!

2016/04/13 

ウレタン遮熱工法のカタログや、設計・施工マニュアル、及び、同DVDの中で、両面アルミ熱線反射シート「R−1」の遮熱性能や遮熱効果等についての説明はさせて頂いておりますが、「R−1」専用のカタログにつきましては、今まで作成しておりませんでした。

そこで、今回「R−1」の性能や寸法、重量、材料構成、Q&A等を明記した、専用のカタログ(A4サイズの裏表版)を作成する運びとなりました。
ウレタン遮熱工法をご採用頂いております工務店様はもとより、当工法にご興味をお持ちの方は、ぜひ資料請求として、弊社HP、又は、FAX等によりご請求下さいますよう、お願い申し上げます。

ウレタン遮熱工法が採用された「エネマネハウス」が、月刊誌『住宅建築・2016年4月号』に掲載されました!

2016/04/07 

2015年秋、横浜市みなとみらいにて、先進5大学が究極の省エネルギー住宅を競い合う「エネマネハウス2015」が開催され、ウレタン遮熱工法を取り入れた立命館大学の作品「水と暮らしの重ね箱」が、優秀賞/エネルギー資源賞を受賞しました。
そのエネマネハウスの詳細が、月刊誌『住宅建築』の4月号に掲載されています。
『住宅建築』は、建築業界では大変メジャーな専門誌です。
皆様におかれましては、また何かの折にこの月刊誌を手にされた時は、ぜひこの記事に目を通して頂けますよう、よろしくお願いいたします。

ウレタン遮熱工法のカタログを改訂しました!

2016/03/02 

ウレタン遮熱工法のカタログは、昨年より (株)ウィンゲートHPのトップページからダウンロードで、ご利用いただけるようにしておりましたが、このたび、そのカタログを見やすく、また、ご参考になる資料も数ページ増やすなど、改訂をさせて頂きました。

当工法をご利用の工務店様、設計事務所様はもとより、ご検討されている方、また、ご興味をお持ちの方は、ぜひ『ウレタン遮熱工法の改訂版カタログ』をダウンロードし、ご利用下さいますよう、よろしくお願いいたします。

「ウレタン遮熱工法」の『設計・施工マニュアル』を改訂しました!

2016/01/22 

平素は、「ウレタン遮熱工法」をご愛顧いただきまして、ありがとうございます。

このたび、「ウレタン遮熱工法」の『設計・施工マニュアル(2016・木造住宅・設計施工マニュアル/2016・枠組壁工法・設計施工マニュアル)』を改訂しました。
本工法をご利用いただいております工務店様、設計事務所様、また、本工法にご興味のある工務店様等で、ご入り用の方は、弊社HPの資料請求ページ、あるいは、FAXでご請求いただけましたら、郵送にてお届けさせていただきます。
ぜひ、ご参考として、ご利用下さいますよう、よろしくお願い致します。

ウレタン遮熱工法が採用された「エネマネハウス2015」が開催!

2015/10/27 

2015年10月17日、横浜市みなとみらいにて、先進5大学が集結し、「将来の家」をテーマに、先進的な技術や新しい住まい方を提案する「エネマネハウス2015」が開催されましたので、先日、モデルハウス5棟を見学して参りました。
5大学、どの大学においても、予想をはるかに超えた究極の省エネルギー住宅が展示されており、ひと言で申しますと、先進的で高度な技術とパッシブデザインを併せ持った建物であり、一般的には理解できないくらいの仕組みの建物が展示されていました。

そのような中、将来に向けた最先端の省エネルギー技術が提案されたモデルハウス『立命館大学・水と暮らしの重ね箱』に、螢Εンゲートの「ウレタン遮熱工法」が採用されたことにつきましては、大変、光栄に思っています。

今回の展示場視察の一部を、左記に掲載させていただきます。

−−−−−−−−−−−−−−−
※今回の「エネマネハウス2015」の詳しい内容につきましては、HP上でも検索が出来ますので、ぜひ一度ご覧下さいますよう、よろしくお願い致します。

東京ビッグサイト「ジャパンホームショー・2015」に、今年も (株)ウィンゲートが出展します

2015/10/07 

東京・有明・ビッグサイトにて、毎年開催されます「ジャパンホームショー・2015」(会期:2015年11月18日(水)〜20日(金) 10:00〜17:00)の省エネルギー関連ブースに、今年も (株)ウィンゲートが出展させていただきます。
このコーナーは、環境対応・省エネ対策という視点から、エネルギー効率のよい建材、部材、システム等、近年大変注目が高まっているコーナーです。

ご来場を予定されている皆様におかれましては、ぜひ「ウレタン遮熱工法」(株)ウィンゲートのブースまでお立ち寄り下さいますよう、お待ちしております。

エネマネハウス・2015に、螢Εンゲートが参加することになりました

2015/09/28 

第2回目となる『エネマネハウス・2015』が、平成27年10月17〜20日と同年10月30日〜11月1日の2回に分けて、横浜市みなとみらい地区で開催されます。
この大会は、大学と民間企業との協働で、学生が考える「将来の家」をテーマに、実際にモデルハウスとして建築・実証・展示をするものです。
今年も、5大学と民間企業が参加し、省エネ達成度や実現・将来性などを競い合います。

螢Εンゲートは、参加する5大学のうち、立命館大学が取り組んだ、未来に向けた高性能住宅の遮熱・断熱部分を、ウレタン遮熱工法にて受け持つことになり、この大会に参加できる運びとなりました。

この大会の内容につきましては、月刊誌『Smart House』に詳しく掲載されています。
また、この開催期間中に横浜市に立ち寄られることがありましたら、御社の将来に向けた省エネ住宅への取組みとして、大変参考になるものと考えておりますので、ぜひお立ち寄り下さいますよう、よろしくお願いいたします。

本年4回目となる勉強会(改正省エネ基準への対応)を、福岡市で開催しました

2015/05/29 

“難解でなかなか取り組みにくい”と言われている「新・省エネ基準」についての「工務店様向け勉強会」を、東京・大阪・名古屋に続き、福岡でも開催させていただきました。
今まで、各地でこのセミナーに参加していただきました工務店様からは、約9割の方々から「良かった」「勉強になった」との感想を頂いており、弊社としましても、大変有難く思っております。

しかし、今回の「新・省エネ基準」につきましては、すでにスタートしている現在でも、「まだまだ本格的に取り組むのは難しい」とのご意見を多く頂いていることから、螢Εンゲートでは、これからも、まだまだ工務店の皆様には、新基準についての情報やノウハウをご紹介させて頂こうと考えております。

これからも、ご期待下さいますよう、よろしくお願いいたします。

「ウレタン遮熱工法」・カタログがダウンロードできます!

2015/05/25 

ウレタン遮熱工法をわかりやすく、また、詳しく説明したカタログが、螢Εンゲートのトップページからダウンロードできるようになりました。
このカタログは、4ページにまとめた従来のパンフレットでは掲載できなかった「工法のイメージ図」「Q&A」「概要図」「施工例」「気密測定報告書」「立命館大学との取組み」等々、表紙も含め、総ページ数29ページに、「ウレタン遮熱工法」をまとめたカタログです。

既に、ウレタン遮熱工法を取り入れておられる工務店様はもとより、今後ご使用を検討されている工務店様、また、住宅の建て替えを考えておられる一般個人の方々も、ぜひご利用下さいますよう、宜しくお願いいたします。

名古屋会場にて、勉強会を開催しました!

2015/04/17 

勉強会のタイトルは、「改正省エネ基準への対応」及び「日本の家を快適な住まいに変える」でした。
東京大会、大阪大会に引き続き、「名古屋でも開催してほしい」とのご要望を数多く頂いておりましたので、平成27年4月15日に、名古屋駅前にて開催させていただきました。
おかげさまで、数多くの工務店様にご参加いただき、また、ご好評の上、ほぼ満席のうちに終えることが出来ました。
遠方よりご参加いただきました工務店様、ありがとうございました。

引き続き、次回は、平成27年5月27日(水)に、福岡でも勉強会を開催させていただきます
GW明けには、ご案内をさせていただきますので、多数のご参加を、心よりお待ちしております。

立命館大学・屋外実験棟の実測結果の報告を受けました!

2015/04/02 

立命館大学 びわこ・くさつキャンパスにて、「ウレタン遮熱工法棟」と「一般断熱工法棟」の2棟の木造建築物を建設し、平成26年8月〜平成27年1月の間に、それぞれの棟において、室内や部材(天井・壁・床等)にどのような温度変化が見られるか、遮熱及び断熱に関する性能を評価する目的で、立命館大学の近本教授(工学博士)の研究室に、実験(実測)をお願いしていましたが、この度、その実測結果の報告を受けましたので、ぜひ皆様にもご報告したく、掲載させていただきます。
−−−−−−−−−−−−−−
実測結果は、「ウレタン遮熱工法棟」と「一般断熱工法棟」のそれぞれの数値を比較して、「ウレタン遮熱工法棟」が大きく勝るという、予想を超えた遮熱及び断熱性能の差が現れ、弊社と致しましても大変うれしく思っております。

この研究結果資料は、20ページにも及ぶデータ資料であり、今すぐにはHPに掲載出来ませんが、もしご興味をもたれた工務店様、設計事務所様がおられましたら、無料にてご提供させていただきますので、弊社HPの「資料請求」より、お申し込み下さいますよう、お願い致します。

「戦略ミーティング大阪大会」を開催しました!

2015/03/19 

H27年3月18日(水)、大阪市天王寺区の会場にて、前回の東京大会と同様、住宅業界で今後大きく様変わりするであろうと言われている「改正省エネルギー基準」の話を中心に、それに関連する「長期優良住宅」や「フラット35」及び、復活が決定した「エコポイント制度」や「低炭素住宅」等についての説明を、出来るだけ多くの工務店様にお聞きいただこうと、今回2回目となる全国大会を催させていただきました。
大阪大会は、前回の大会より多数のご参加をいただきまして、大変ありがとうございました。

また、引き続き、4月15日(水)には名古屋大会を開催いたします。
近々ご案内をさせていただきますので、多数のご参加を心よりお待ちしております。

前回、行いました「戦略ミーティング全国大会」を大阪でも開催します

2015/02/24 

H27年2月4日に、東京・品川にて開催しました「戦略ミーティング全国大会」を、3月18日(水)に大阪市でも開催させていただくことが決定しました。
前回の折に、西日本地区の工務店様より「関西でも開催して欲しい」とのご要望を多くいただきましたので、第2回目となる全国大会を催します。
大会の内容は、省エネ法改正を中心とした、住宅建築に関する数多くの法改正の解説と、省エネルギー住宅に関する解説を中心としたセミナーです。

参加してみようとご希望される工務店様、設計者様は、
(社)日本住環境向上推進協議会 【FAX】03-6915-4381 又は、
(株)ウィンゲート 【FAX】0771-63-0751 まで 、
(3月13日まで)に、FAXにてお申し込み下さいますよう、お願いします。

「戦略ミーティング全国大会」を開催しました!

2015/02/06 

H27年2月4日、東京都品川区の会場にて、住宅業界で今後大きく様変わりするであろうと言われている「改正省エネルギー基準」の話を中心に、それに関連する「長期優良住宅」や「フラット35」及び、復活が決定した「エコポイント制度」や「低炭素住宅」等についての説明を、出来るだけ多くの工務店様にお聞きいただこうと、今回初めて、全国大会を催させていただきました。
ご参加いただきました皆様方より、「難しい話だが、大変勉強になった」と好評を得ることができ、おかげさまで大変意義のある大会となりましたこと、感謝しております。

また、関心を持たれる方が多くおられましたので、引き続いて、第2回目の大会として、3月18日(水)に大阪市内でも同じ内容の「戦略ミーティング」を行うことが決定しました。
近々、皆様の元にご案内の通知が届くものと思いますが、関西地区の皆様は元より、中部や中国、九州地区の皆様方も機会がありましたら、ぜひご参加下さいますよう、お待ち申し上げております。

−−−−−−−−−−−−−−

(社)日本住環境向上推進協議会
TEL:03-6915-4371

(株)ウィンゲート
TEL:0771-62-1417

ウレタン遮熱工法・誕生秘話の本がついに完成しました

2014/12/11 

 弊社・代表取締役で、ウレタン遮熱工法の開発者でもある高屋博文社長が、以前より執筆しておりました「ウレタン遮熱工法・誕生秘話」の本がついに完成し、出版の運びとなりました。
 出版本の正式なタイトルは、『特許断熱工法で 日本の家を 快適な住まいに変える』です。
 この本は、高屋社長が「ウレタン遮熱工法」の開発に至るまでの、断熱に関する様々な疑問や思い、そして、どうすれば日本の家を快適な住まいに変えることができるのか等々を、一冊の本にわかりやすくまとめた内容となっています。
 すでに、ウレタン遮熱工法を取り入れておられる工務店様は元より、これから住宅を建てようとお考えの方々におかれましても、「本当に快適な暮らし」とはどういうものなのかを、少しでも知って頂くため、多くの方々に、お読み頂ければ幸いであります。

 最後に、この本にご興味のある方、または、一度読んでみたいとお考えの方は、下記までお問い合わせ下さいますよう、お願い致します。

−−−−−−−−−−−−−−

(社)日本住環境向上推進協議会
TEL:03-6915-4371

(株)ウィンゲート
TEL:0771-62-1417

ホームページを更新しました!

2014/11/10 

【更新の内容】
 .肇奪廛據璽犬痢▲Ε譽織鷦彷工法のPRビデオを新しくしました。
◆.肇奪廛據璽犬痢崟澤彁楾基準第3条に係る確認について」の項目に、螢魯Ε好検璽瓮鵑鯆媛辰掘∧歉數/諭Γ擬劼粒稜Ы颪ダウンロードできるようになりました。
 トップページ左側メニュー欄の【ウレタン遮熱工法とは?】から、「ウレタン遮熱工法を詳しくまとめた説明文」と「同工法をわかりやすく描いた施工図」、そして弊社が昨年試験を行った「気密性能試験報告書」の記録データもダウンロードできるようになりました。
ぁ‘韻犬、トップページ左側メニュー欄の【FAQ】から、R−1反射シートについての「Q&A」も追加しました。
ァ(声丗緝 高屋社長が理事長となり、住環境の技術及び研究等を行うことを目的とした、社団法人「(社)日本住環境向上推進協議会」の、リンク先も追加しています。

【最後に】
ウレタン遮熱工法を、すでにご採用いただいている皆様、また今後、同工法の取入れをご検討されている方々におかれましては、是非これらの資料やデータを「貴社の省エネ住宅の参考資料」としてご利用いただければ幸いであります。

東京ビッグサイト「ジャパンホームショー・2014」に (株)ウィンゲートが出展します

2014/10/01 

東京・有明・ビッグサイトにて、毎年開催されます「ジャパンホームショー・2014」(会期:2014年11月12日(水)〜14日(金) 10:00〜17:00)の省エネルギー関連ブースに、(株)ウィンゲートが出展させていただきます。
このコーナーは、環境対応という視点から、エネルギー効率のよい建材、部材、システム等、近年大変注目が高まっているコーナーです。

ご来場を予定されている皆様におかれましては、ぜひ「ウレタン遮熱工法」(株)ウィンゲートのブースまでお立ち寄り下さいますよう、お待ちしております。

月刊建築誌『近代建築・9月号』に、螢Εンゲートが企業参加した立命館大学「トリシア」が取り上げられました

2014/09/16 

前回の新着情報にも掲載しています「立命館大学びわこ・くさつキャンパス・トリシア」が、月刊建築誌『近代建築・9月号』に詳しく掲載されています。
前回でもご紹介しました通り、この建物は、省エネルギー性及び環境対策にも寄与した最先端技術を駆使した建物です。
この建物の3階建棟には、螢Εンゲートも協力企業として参加させていただきました。

なお、この『近代建築・9月号』には、左記の通り「ウレタン遮熱工法」の広告も掲載させていただいております。

立命館大学・理工学部 新棟「トリシア」新築工事に協力業者として参加しました

2014/09/09 

平成26年5月に竣工しました、立命館大学・新棟「トリシア」の低層棟(RC造・3階建棟)の2F・3F部分の一部を、ウレタン遮熱工法にて施工しました。

新棟「トリシア」とは、省エネルギー・環境負荷軽減等、環境に寄与する技術・設備・建設材料を導入し、その効果の検証及び研究成果を広く社会に発信することを目指した研究施設です。

新・屋外実験棟の完成見学会を開催しました

2014/09/03 

平成26年8月28日、立命館大学びわこ・くさつキャンパスにて、ウレタン遮熱工法の新・屋外実験棟の完成見学会を開催させていただきました。
見学会では、新・屋外実験棟の見学と今後の実測計画の発表、また今回の計画に携わっていただきました立命館大学の近本智行教授による、省エネ関連のセミナーも合わせて行うことができ、好評のうちに見学会を終えることが出来ました。
本当にありがとうございました。
(新・屋外実験棟の詳細は、下記新着情報の通りです)

立命館大学にて実証実験を開始

2014/08/19 

「ウレタン遮熱工法」による建物と「一般工法」による建物の2棟の実験棟を、立命館大学びわこ・くさつキャンパスに建設しました。
この実験は、太陽光や風雨など自然環境の中で、2棟の建物それぞれの内部や部材にどのような温度変化が見られるのかを実証実験し、「ウレタン遮熱工法」と「一般工法」との性能の違いを検証するものです。
実験の内容は、左記図面の通りです。
(H26年8月28日に、現地見学会を催します)

ウレタン遮熱工法が採用されました

2014/07/17 

平成25年の夏、京都府福知山市に建設された福祉施設(老人ホーム・延床面積2,090屐μ畋な寝扱)でも、ウレタン遮熱工法が採用され、好評を得ました。
ウレタン遮熱工法は、このような大規模な施設でも施工されています。

ウレタン遮熱工法 施工写真

2014/07/16 

ウレタン遮熱工法に使用する 両面アルミ反射シート「R−1」の現物写真と、ウレタン遮熱工法を用いた木造住宅(在来工法)の現場施工写真です。

ウレタン遮熱工法 屋根・天井・壁廻り 施工図

2014/07/16 

ウレタン遮熱工法の納りをわかりやすくした図面です。
天井断熱仕様と屋根断熱仕様 及び 壁の断面図をわかりやすくした施工図です。
(もっと詳しい施工図が必要な方は、資料請求のページから「ウレタン遮熱工法の設計・施工マニュアル」をご請求ください)

ウレタン遮熱工法による 木造住宅の気密性能試験結果

2014/07/16 

「愛ホーム 蟾皺袷函廚量畋ぃ桶住宅 新築工事にて、気密性能測定試験を行った試験結果の測定値です。
今後、ウレタン遮熱工法を取り入れた木造住宅をご検討されている工務店様、設計事務所様に対し、「住宅の気密化」を考える上での参考データにと、気密測定を行いました。

相当隙間面積(C値)」は、0.4cm2/m2 を記録しました。

平成25年1月7日発行 日刊建設タイムズ新春特集号に掲載決定

2012/12/15 

平成25年1月7日発行の日刊建設タイムズ新春特集号に
ウレタン遮熱工法が掲載されます。

立命館大学での実験結果、温度変化の仕組み、熱伝達、結露の問題などについて詳しく掲載されています。

ジャパンホームショー2012

2012/12/11 

【会期】2012年11月14日(水)〜11月16日(金)
【会場】東京ビッグサイト 東ホール

ジャパンホームショー2012 断熱・遮熱ゾーン(小間番号2Cー105)にて
【特許工法】ウレタン遮熱工法を出展致しました。

立命館大学見学会報告

2012/11/29 

2012年11月27日
ウレタン遮熱工法 屋外実験棟見学会を開催致しました。

お忙しい中、近本教授に出席していただき学界での報告内容と
実験データー取得の進捗状況についてお話して頂きました。

特許工法であるウレタン遮熱工法が省エネに対して有効である事が
実証できる様に日々研究されています。

平成24年11月2日立命館大学実験棟見学会

2012/11/07 

「新断熱工法(ウレタン遮熱工法)・建築学会発表データー報告・屋外実験棟見学会を開催致しました。

全国から大勢の工務店様が参加され当日の様子は平成24年11月7日の日刊 建設タイムズに掲載されました。

報告内容は熱伝導(対流熱・伝導熱・輻射熱)の仕組みについて解説され
その中でもウレタン遮熱工法で用いているアルミ箔シート(防水認定済)が輻射熱に対して
最も効果的(約99.9%反射)である事と30倍発泡の硬質ウレタンを組合せる事により
夏、冬の室内の温度が外気に影響されない事と結露にも完璧に対応している事を
実験データーに基づき解説されました。

屋外実験棟見学では、実験データーに基づき
グラスウールの従来型断熱工法とウレタン遮熱工法の効果を実感して頂きました。

立命館大学での断熱性実験の実証実験について

2011/10/19 

平成23年10月19日更新
http://www.wingate.co.jp/voice/

お知らせ

2011/10/17 

平成23年10月3日より
有限会社ウィンゲートから株式会社ウィンゲートになりました。

大阪府 建築物の環境配慮技術手引きに掲載

2011/10/17 

平成23年3月改訂版 
建築物の環境配慮技術手引き〜環境にやさしい建築を目指して〜
P25に掲載

京都で家を建てる 2008 Spring(株式会社リクルート)掲載

2008/09/01 

京都で家を建てる 2008 Spring(株式会社リクルート)に掲載されました。

地元でいい家建ててくれる会社が見つかる、をモットーにした特集、「人気工務店&設計事務所の会社名鑑39」で弊社が取り上げられました。

日刊 建設タイムズ2008年6月23日(株式会社 京都建設タイムズ)掲載

2008/06/23 

日刊 建設タイムズ2008年6月23日(株式会社 京都建設タイムズ)に掲載されました。

2008年6月19日、京都府で「開庁記念日記念式典」が開催され、環境の保全や創造に向けた先駆的・先進的な取り組みを行い、府民の環境配慮行動に多大な影響を与えた事業者に贈られる「環境トップランナー表彰」を受けました。企業としては弊社が唯一の表彰者となりました。

京都府開庁記念日 記念式典 環境トップランナー表彰

2008/06/19 

京都府立府民ホールにて京都府開庁記念日記念式典環境トップランナー表彰を受けました。

国土交通省 建設業の新分野進出 技能承継モデル構築支援事業(財団法人 建設業振興基金)掲載

2007/12/01 

国土交通省 建設業の新分野進出 技能承継モデル構築支援事業(財団法人 建設業振興基金)に掲載されました。

地域における中小建設業者の新分野進出・技能承継の優れた取り組みにより、モデルケースとなった事業を紹介する本です。
低コスト・短工期で施工が可能な、驚異の断熱性能を発揮する「ウレタン遮熱工法」を開発した弊社がモデルケースとして紹介されています。

京都府環境トップランナー表彰

2007/06/19 

京都府環境トップランナー表彰されました。

▲ページのトップに戻る